草食系おんちょなライフゆとり世代スタイル

毎日ちょっとずつでも笑ってたい
たまには自分を褒めてみたい
草食系ゆとり世代で
恋愛経験値ゼロなんです
好奇心旺盛なのに積極的に
行動できてない男子のつぶやきです

微妙に無条件降伏みたいな日になりますた・・



みなさん いつもありがとうございます
佐藤おんちょです


そうなんです 土曜日は あやさんからのメールを
はじめて 無視スルーすてすまった
おバカで 大人げない 臆病な おんちょなんだす・・



はい・・ 土曜日の あやさんからのメール内容は・・



こんにちは 佐藤君 体調は大丈夫なの?
金曜日は ひどいこと言っちゃったの ごめんね

お仕事のストレスとかで ちょっとイライラしていたの
あたしも まりちゃんから いろいろ聞いたの・・


自販機のとこで ぼーとしたまま座ってる
佐藤君の顔を見たら またあんなとこで 子供みたいに
ふざけてるって あたし つい勘違いして
イラッとしちゃったの ひどい態度しちゃったの・・


あの時 佐藤君は ちゃんと事情を説明してればよかったの
もう・・ あたしの言うことなんて 聞き流せばいいのに・・

あと・・ いろいろと誤解させちゃって 本当にごめんなさい
あたしは 吉田君のこと そんなに好きじゃないの
あと 吉田君は あたしのことより
エリカちゃんのほうが好きみたいなのね
佐藤君と ちゃんと話がしたいの
もし良かったら これから会える?



 う~ん・・  う~ん・・
 そうだったんだすね・・ はぁ・・・



僕は・・ あやさんに申し訳なくって 懺悔の気持ちを込めて
日曜日の午後になってから
あやさんに お詫びのメールをすますた・・



あやさんからのメールを おたんこおんちょな
 この僕が 無視スルーしてすまったことと・・


あやさんと吉田君が 仲良くしてる光景を見た
 このアホな僕が あやさんと吉田君の関係を
  大人気もなく誤解すてすまったことを・・・



そのあと あやさんから これから あの日と 同じ街の
あの日と 同じお店で 待ち合わせするメールが・・



僕は・・ あやさんと 二人きりで会うのは
もうこれで最後になるかも・・ みたいな覚悟で・・
いつかの あの日と 同じお店に行きますた・・









雨の日曜日で あんまり暖かくない日・・
薄暗くて とても広くて どこまでも奥まで続いていくような
ショッピングモールの通路を・・
僕の前を歩いてく あやさんの足取りは 意外にも とても軽そうで・・



無言のままで 下を向いて トボトボと 後をついていく
精神年齢が とても低くて 大人げない 足取りの重い この僕・・



  知れば迷い・・・
  
 知らねば迷わぬ・・・
   
 恋の道・・・・・


江戸幕末に京都や大阪などで活躍した
  あの有名な 
新選組副長
 
土方歳三さんの俳句だって 何かの本で知ったんでつけど・・
  う~ん・・ 本当なんでしょうか・・ ふぅ~・・笑









はい・・ あの日と同じ街の あの日と同じお店で・・
いろいろと 
あやさんと お話することができますた


あやさんと 二人きりで会うのは 3週間ぶりですた・・


あやさんは いつかの あの日と同じような・・
いつもと変わらない とても優しい 無邪気な笑顔で・・


こんな臆病者で こんなに大人げない こんなに意志薄弱な 
こんなにおバカな 僕の無礼を さり気なく 許してくれますた・


僕と あやさんは はじめて
 ちょっと本音で会話できたのかも・・


はい・・ 結局は 僕は あやさんに対して
 完全な服従な 笑顔とポーズと・・ あとは結果的に
  微妙に無条件降伏みたいな条約を締結しちゃったのかも・・・笑
 


あと あやさんは 僕が真面目すぎるって 笑ってアドバイスしてくれますた


僕は あやさんに これからも吉田君と 仲良くしてくださいって 言いますた・・



すると あやさんは・・


「どうしていま このタイミングで そんなこと言うのかしら
 ねぇ・・ もう ホントに おバカで マヌケなのw」
 って・・


  とても喜んでくれますた・・・



ふぅ・・ とにかくなんでつ・・ まさにでつ・・
雨降って痔固まる みたいな・・ じゃなくって・・
まさに雨降って地固まる みたいな・・ 雨の日曜日になりますた・・



そうですね・・ これからも また あやさんと 僕の
同い年なのに まるで お姉さんと弟みたいな関係は
まだまだ続きそうなんだすよね・・



でも・・ それでもいいのかも・・ 
恋人とかになれなくても・・ ずっとこのままでもいいのかも・・
そんな風に感じられた 6月の・・ まだ幼い夏の・・
ひさしぶりに心が温かくなれた・・ 雨の日曜日ですた


みなさん いつも感謝しています  はい それでは またですね


代々木公園まで・・・


みなさん いつもありがとうございます
心から感謝しています
  佐藤おんちょです


はい 金曜日は 体調が とても絶不調ですた


でも 土曜日は お昼頃まで
ちゃんと しっかり寝れますた・・笑 


なので 体調も だいぶ良くなりますた
あとは 食欲が もうちょっと回復して欲しいです・・



そすて 僕は 
ちょっと自由奔放で ちょっとだけ気まぐれな
お友達の あやさんと お友達関係を解消しようって
いま感じているんです・・



土曜日の PM1:00頃に まりさんから メールが届きますた
金曜日の お昼の頃の 僕の顔色が とても悪かったのを
ちょっと心配していてくれてたんですね・・ 感謝してます



 体調は だいぶ良くなりました ありがとうございます
  エリカさんと 吉田君にも よろしくお伝えください 
    って 
まりさん メール返信すますた・・



そのあとの まりさんと 僕のメールのやりとりは・・



まりさんメール
   あやには 伝えなくて いいの?

佐藤おんちょメール
   すいません



   どうして? あやと なにかあったの?

   とくにはないんですけど すいません



   もしかして 佐藤君 あやと お友達やめちゃうの?


   うん そういう方向で いま考えているんです



   やだ そんなこと あやに 伝えられないわよ


   お願いします まりさんにしか こんなこと頼めないんです
    あと まりさんは 今日は お料理教室ですよね
     楽しく美味しく がんばってくださいね



   私と あやは 今日は お料理教室の日じゃないんだけど
    ねぇ 佐藤君 なんか ちょっと勘違いしてるんじゃないの?


   いいえ 勘違いじゃないと思うんです
    ほぼほぼで確信しているんです
     もう とにかくなんです 祈ります



   え? 祈りますって どういう意味なの?


   森友学園さんへの 有名な メール文章でっす



   ちょっと ふざけないでよ 私は 真面目に聞いてるのよ

   ごめんなさい まりさん 怒らないでください
    ぜんぶ 僕が悪いんです



   もしかして あやと 吉田君のこと 疑ってるの?


   そうです さっすが まりさ~ん 図星でっす笑



   ちょっと 佐藤君 笑ってる場合じゃないんだけど おバカw



ここで まりさんのメールは終了したんです・・


でも・・ 15分後くらいに・・
今度は あやさんから メールが・・・



でも 僕は・・ その あやさんのメールを
 その場で ついに確認しませんでした・・


そすて そのまま スマホを アパート部屋に置いたまま
部屋の玄関から 外へ飛び出して ゆっくり階段をおりました


これでいい・・ これで いいんだ って・・


あとは あやさんとの お友達関係が 自然消滅するまで
ゆっくり時間をかければ・・ もう それでいいんだ って・・



 




いつの間にか 僕は 代々木公園まで 歩いていますた・・
たぶん 2時間以上 歩いていたんでしょうね・・


そうですね・・ 心地よい汗を いっぱい・・


僕は 茨城から 東京に来て まだ3年目です
こんなに いっぱい東京を 歩いたのは はじめてですた


いろんな街の風景を見ていたら

落ち込んでて 落ち着かない気持ちが 
だんだんと 良くなっていたんです・・・







土曜日の とても爽やかな 最高の お天気でした・・


人も 自動車もいっぱいで とても賑やかな日でした
僕の 曇ったままで 今にも雨が降りそうな 気持ちが
すこしずつ 晴れていくように・・

そうですね・・ 
曇ったままで 今にも雨が降りそうな 気持ちは・・


そう簡単には 晴れてはくれないんですよね・・


ふぅ・・ はぁ・・ あぁ・・


青空の下で・・ 何度も 深呼吸の練習をしたんですけど
あんまり上手に 深呼吸できましぇんですた・・・笑







帰り道は もうほとんど夜になっていますた・・


やっぱりまだ体力が 完全に戻っていませんでした
帰り道は 3時間くらいかかってしまいました


あと 途中で 左ふくらはぎを ちょっと痛めますた
月曜日からの お仕事 作業に支障がでないことを・・


もう 僕は いったいなにをしてるんでしょうか・・
そうですね・・ とにかく 祈ります・・ 祈りましゅ・・・


はい 途中で 買い求めた たこ焼き とても美味しかったんです
これが 土曜日の 僕の 唯一の 食事だったんでつ・・・


なにも考えないで アパート部屋を飛び出しちゃったから・・
ポケットの中にあった 500円玉が1枚と
100円玉が3枚だけが ささやかな所持金だったんです・・・笑


う~ん・・ お世辞にも 有意義な土曜日とかじゃなかったですけど・・
そうですね 何年後くらいには きっと笑えるようになるんでしょうね・・
はい それでは みなさん またですね ありがとうございました


想定外のシュールな展開になりますた・・



みなさん いつもありがとうございます
体調などは大丈夫ですか 
 佐藤おんちょです


はい 僕は 金曜日の午前中は ほとんど気力だけで
なんとか お仕事をしてますた


そすて お昼休みになって 頭も体も フラフラの状態で
お昼ゴハンを求めて 事業所から近いコンビニへ・・


僕の勤務してる事業所に イチバン近いコンビニの距離は
およそ500Mくらいなんです



ここのコンビニには あやさんと
あやさんと同じ会社の まりさん エリカさん
そして お3人の共通のお友達みたいな
同じ20代の男子さんも よく買いに来ているんです・・



僕は 先週から お昼休みに そのコンビニに行く時間を
いつもよりも 10分くらい遅らせていますた


どうすてなのかといいますと なんていうんでしょうか
あやさんと あやさんの お友達みたいな
その男子さんが 一緒に楽しそうに コンビニ店内で
お話しながら 買い物をしている光景を
なるべくならば できれば見たくはなかったからなんでつ・・笑



僕は 一瞬だけ 事業所から 800Mくらい離れている
もうひとつの 別のコンビニに行こうかなぁ・・
なんて その日は考ふえてもいたんです


でも・・ いざ コンビニに向かって歩いてみたら・・
やっぱり無理なのに気づきますた・・
なぜなら その時の 僕には 800M✖2=1600Mの距離を
歩くだけの自信が無いくらいに 体力が低下していたんです・・笑



仕方がないので・・ 500Mくらい離れているコンビニに向かいますた


狭い路地を抜けて 表通りのコンビニまで あと100Mのところで
僕は 道端の自販機の近くで しゃがみ込んでしまいますた・・


頭がフラフラしていたので 自販機のそばで ちょっと休んでみますた



すると 前方から まりさん エリカさんが歩いてくるのが見えますた


あやさん まりさん エリカさんの勤務してる会社と
僕が勤務してる事業所は 1Kmしか離れていないので
そのコンビニの途中で よく鉢合わせになってしまうんです



まりさん
「やだ 佐藤君 そんなとこに座って なにしてるの?」



僕(佐藤)「あ・・ どうも・・ ちょっと・・ アハハ・・」



エリカさん
「佐藤さん・・ こんにちわ・・ この前は 佐藤さんに
 ちょっと変なメールしちゃって・・ ごめんなさい・・w」



まりさん
「え? エリカ 佐藤君に 変なメールしちゃった
 とか・・ なんの話なの?」



エリカさん
「え・・ あのね・・ 私って KEN君にメールしたつもりだったのね
 でも 間違って 佐藤さんに 私の フォト添付の
 メールしちゃったの キャハハ~w」



まりさん
「え~ うそ やだ ウケる~ エリカ やば~いww」



あぁ・・ お二人の会話中に 僕は めまいが・・



僕「あ・・ あの・・ お二人とも・・ も もう
  コンビニで お買い物は終わってるんですよね・・
  そろそろ会社に戻ったほうが・・ ゴハン食べる時間が・・」



すると そこに あやさんと あの男子さんが・・



まりさん
「ねぇ あや 見て 佐藤君が こんなとこに座ってるわよw」



あやさん
「・・・・・・・」



エリカさん
「吉田く~ん この人が 佐藤さん たまに私たちが話題にしてる
 あの佐藤さんなの たまにコンビニで見かけたでしょ?」



吉田君
「あ・・ はじめまして・・ 吉田です・・
 たまに あやさんたちから 佐藤さんのことで
 いろいろ楽しい話を聞いていたんです もしよかったら
 僕と 友達になりませんか? ぜひよろしくお願いします♬」



え・・ 吉田です お友達になりませんかとか・・
 よ 吉田君・・ ほとんど初対面で

  ぜんぜん話したことないのに・・
とっても笑顔が爽やかで

 超スーパーフレンドリーなんだすね・・笑



僕「はじめますて 佐藤です・・ こちらこそ・・・
  どうか・・・ よろしくお願いいたすます・・・・・・・」



うわあ・・ 僕は 目の前にいる
 吉田君とかいう人を
できれば見たくもないって思っていたのに・・
 なんなんでひょう・・ 

  このシュールな展開は・・・笑



まりさん
「ねぇ・・ 今度 みんなで 旅行とか行かない?
 私と 吉田君 エリカ KEN君 あや 佐藤君の 6人で♬」



吉田君
「いいですね ぜひ ぜひ 楽しいでしょうね♬」



エリカさん
「やだ~ もし KEN君と 同じ部屋に お泊りとか
 やばーい ヤバすぎるぅ もう ヤバたんだわぁ~ww」



あの・・ ヤバたんって・・
  どういう意味なんだす・・笑



あやさん
「もう・・ こんな自販機のとこに ボーと 座ってる人なんて
 放っておいていいわよ 吉田くん 早く会社に戻りましょ・・・」



吉田君
「あれ・・ それじゃ 佐藤さん 失礼します 
 また今度ですね あの・・ 佐藤さん 顔色が悪いみたいですけど
 体調とか大丈夫ですか? お互いに仕事 頑張りましょう♬」



僕は その場から離れていく 4人の後ろ姿を 呆然と見送りますた・・
もう完全に バンジー急須・・ じゃなくって・・
万事休すみたいな 心境になっていますた・・


僕は・・ あやさんと あの吉田君の 歩いてる姿を見てたら
 とても お似合いのカップルに 
   感じてしまっていますた・・


もうダメだぁ・・ もう完全に 僕は まるでカップルみたいな
  あやさんと あの ほとんど初対面の 吉田君に
無条件降伏してしまったような
 気分になっちゃっていますた・・

そうですね・・ こういうのって・・
 もう潮時っていうんでしょうね・・・





あやさんと まりさんの フォトです






あやさんと エリカさんの フォトです


ちなみになんでつけど あの吉田君と
KEN君さんの フォトはありましぇん・・笑



僕は 茨城から 東京に来て まだ3年目です
なかなか友達ができなくて いつも寂しかったんですね


たまたま 去年の秋の ある合コンで
あやさん そして まりさん エリカさんと 知り合って
なんとか LINEで お友達になっていただきますた
何回か お食事 カラオケ あと大阪旅行もありますたね
いろいろ楽しかったです ありがとうございました


とくに あやさんには とても お世話になりました



たまに また あのコンビニで あやさんたちに会うでしょうけど
いつでも気軽に声をかけてください でも もうLINEとかしません笑



とにかくなんです 僕は 早く体調を元に戻さなくっちゃです
みなさん ごめんなさい 思った以上に 長いブログになりました
それでは またですね